MAROONのなんでも diary

MAROONの身の回りの諸々を雑多に書き連ねている日記です。(はてな日記からの移行です)

夕食 17:40



駅前の三番館に久しぶりに夕方の時間帯にやって来ました。改めてメニューを眺めましたが、やはり選択肢が少ない上に値上げもあって、食べたいというより選びたいメニューがないですね。
今日はカツカレー(サラダ付)にしましたが、1050円はちょっとお高いですね。これならから揚げ(ライス付 900円)の方がよかったかもしれません。
また、カレーソースが甘過ぎますね。お子様向けじゃないんだから、これでは困ります。カツは揚げたてサクサクなのでよかっただけにソースにはがっかりです。
やはり、モーニング以外はスルーかな?(^_^;)

昼食 12:20




昨日の夕方にスーパーで買っておいた「恵方巻」、「なめらか豆腐の菜の花入り白和え」(81kcal)、おかめ納豆(62kcal)と減塩味噌汁 わかめ(24kcal)です。
とりあえず恵方(南南東)を向いてかぶり付きました。(^_^)
ちなみに恵方巻の具材は、かにかま、高野豆腐、さくらでんぶ、玉子焼、味付干瓢、刻み干瓢と椎茸の甘煮となっていました。
【余談】この恵方巻の栄養成分表示は「100g当たり」での表示なんですが、内容量が「一本」では困りますよ。(-_-)
これって、法令上問題無いのかな?

『ケイコ 目を澄ませて』キネマ旬報ベスト・テン 日本映画1位(NHKニュース)

  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230201/k10013967991000.html

去年、公開された映画の中からその年を代表する作品を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」が1日発表され、日本映画の1位に三宅唱監督の「ケイコ 目を澄ませて」が選ばれました。

この他、主演女優賞に岸井ゆきのさん、助演男優賞三浦友和さん、読者選出日本映画監督賞に三宅唱監督が選ばれるなど多数の賞を獲得したようです。
確かに、なかなか見ごたえのある作品だったと思うので、受賞ももっともかなと思います。
【追記】主演男優賞は『土を喰らう十二ヵ月』の沢田研二さんが受賞したそうで、水上勉のエッセーを基にした作品で、いい味を出していました。
助演女優賞広末涼子さん、新人男優賞は「Snow Man」の目黒蓮、新人女優賞は『マイスモールランド』で初主演を飾った嵐莉菜さんだそうです。(残念ながら『マイスモールランド』は見逃しています)
【余談】そういえば、σ(^_^)の超私的年間ベストテンを選ばないと・・・。(^_^;)