MAROONのなんでも diary

MAROONの身の回りの諸々を雑多に書き連ねている日記です。(はてな日記からの移行です)

夕食 18:15

f:id:MAROON:20210307190736j:plain
ホワイティうめだの丼々亭(新しい方のお店)で、かつ丼(赤だし付き/600円)です。
以前はこの店は強制セット販売(抱合せ商法)なので嫌でしたが、席もゆったりしているし、赤だしなら100円なので、まあいいかなと諦めて、時々食べに入ります。(^_^)
しかし、今日のかつ丼って、提供が早過ぎないか? とんかつは作りおきなのか? 注文してから揚げたにしては異様に早いんですが・・・。(^_^;)

『太陽は動かない』 16:00

引き続き、梅田ブルク7 シアター6にて。

2020年「太陽は動かない」製作委員会作品。
監督:羽住英一郎
原作:吉田修一『太陽は動かない』『森は知っている』
出演:藤原竜也(鷹野一彦)、竹内涼真(田岡亮一)、ハン・ヒョジュ(AYAKO)、ピョン・ヨハン(デイビッド・キム)、市原隼人(山下竜二)、南沙良(菊池詩織)、日向亘(鷹野一彦=高校時代)、加藤清史郎(柳勇次)、醍醐虎汰朗(デイビッド・キム=少年期)、田口浩正(AN通信の試験官)、横田栄司(ジミー・オハラ)、翁華栄(アンディ・黄)、八木アリサ(小田部奈々)、勝野洋(小田部教授)、宮崎美子(河上麻子)、鶴見辰吾(河上満太郎)、佐藤浩市(風間武)、他。
産業スパイ組織「AN通信」の2人の日本人諜報員が太陽エネルギー開発の機密情報を巡って、各国のエージェントたちとの頭脳戦に身を投じていくさまを描いた作品です。
まあ、面白かったことは面白かったんですが、「ビギニング」の要素を入れてしまうと、全体の尺が足りずに本題に割く時間が減ってしまったのが、ちょっと残念ですね。
「ビギニング」の話はそれこそテレビシリーズに組み込めばよかったんですよ。映画本編は太陽エネルギー開発に的を絞って、細部を書き込んで欲しかったですね。
【余談】エンドロールに映画本編には出てこない人物のシーンが流れましたが、あれは WOWOW のドラマシリーズ「-Eclipse-」からのシーンですね。実は昨日 WOWOW で全6話が一気に無料放送されたので、録画はしてありますが、全部で5時間近くもあるので、まだ見ていません。これからじっくりと見たいと思いますが、あれは WOWOW への誘引広告なのかな?(^_^;)

『スカイライン 逆襲』 13:35

梅田ブルク7に戻り、シアター4にて。

2020年イギリス=スペイン=リトアニア合作映画。
原題:Skylin3s
監督・脚本:リアム・オドネル
出演:リンゼイ・モーガン(ローズ)、ジョナサン・ハワード(レオン伍長)、ダニエル・バーンハード(オーエンス大佐)、ローナ・ミトラ(マル博士)、他
謎の宇宙人の襲来により3日間で地球軍は壊滅した。
それから15年後、宇宙船が放つ青い光の影響で特殊なDNAを身に付けたローズは、抵抗軍を結成してハーベスターと戦う。
【余談】原題の Skylin3s は Skylines と Skyline 3 を掛けたものだと思いますが、翻訳不能ですね。(^_^;)
ところで、邦題は第2昨が『奪還』で、第3作(完結編)が『逆襲』となっていますが、これって逆じゃないんですかね?(謎)
【追記】冒頭にこれまでの経過の説明(?)が流れました。やはり、σ(^_^)は前作(第2作)は見ていないですね(^_^;)。ちょっと話が分かりにくかったです。やはり、「1」を見て、「2」を飛ばして、「3」を見たら、話が繋がらなくても仕方がないですかね。でも、「1」が2010年で、「2」でも2017年で4年も経っていますからね。σ(^_^)なんか「1」以来なので、10年以上経っていますよ。ちなみに、「1」から続けて出演している人はいないようてす。「2」と「3」は主演のローズをはじめ、何人か共通の出演者がいるようですが、σ(^_^)は見ていないし・・・。(^_^;)
【余談2】エンドロールの時にメイキング映像やNG映像が流れました。それを見ていたら、宇宙人ってCGじゃなくて着ぐるみだったんですね。NG集で、アクションの途中でマスクが外れて顔が見えてしまったりしているシーンが流れていました。(^_^)

昼食 12:45

f:id:MAROON:20210307130900j:plain
ディアモールドトールで、ミラノサンド 煮込みビーフとカマンベールチーズ ~赤ワイン仕立て~(395kcal)とサイズアップクーポンを使ってブレンドコーヒーM(7kcal)です。
(674円→624円=セット割引)
【追記】イ~マビルの地下2階にスタバがオープンするようです。すぐ近くのディアモールドトール(↑この店)と競合しますが、どうなりますかね?
スタバはイ~マに入らないといけないので、どれだけお客さんを引っ張り込めるかが勝負ですね。梅田ブルク7に行来する人には便利かもしれませんが・・・。

『リーサル・ストーム』 10:45

梅田ブルク7 シアターにて。

2020年アメリカ映画。
原題:Force of Nature
監督:マイケル・ポーリッシュ
出演:エミール・ハーシュ(コルディーロ=警官)、ケイト・ボスワース(トロイ=レイの娘)、メル・ギブソン(レイ=マンションの住人/元警官)、ステファニー・カヨ(ジェス=警官)、デヴィッド・ザヤス(ジョン・ザ・バプティスト=強盗団のボス)、他。
ハリケーンが襲来するマンションに強盗団が侵入。マンションには住民に避難を呼び掛けに来た二人の警官しかおらず、嵐のため応援も来ない中、思わぬ人物が救援に・・・。
邦題の『リーサル~』はメル・ギブソンの代表作『リーサル・ウエポン』シリーズに因んで配給会社が勝手に付けたもので、原題は『Force of Nature』(自然の力?)でした。(^_^)
それにしても、まさかの途中退場とは!(^_^;)
【余談】あの強盗団は見てたら、あまり計画的じゃなく、成り行きまかせでしたね。老婦人の指環を狙ったのに、すでに売却済みだったり、貸金庫で高級絵画を見つけたら、現場の下見や管理状況なども確認せずにいきなり押し掛けたし・・・。あんないい加減な強盗団がよくこれまで捕まらなかったものだと思います。

朝食 8:30

f:id:MAROON:20210307090037j:plain
f:id:MAROON:20210307090040j:plain
いつものグッドサイフォンカフェで、タマゴトーストとホットコーヒーのBセット(サラダ、ゆで玉子、ヨーグルト)です。
(700円→660円=ドリンクチケット使用)
いつものように開店時刻の2~3分前に着くと、階段下で壁に貼り出したメニューを見ながらお喋りしているカップルがいました。しばらくするとマスターが降りてきて、「CLOSED」を「OPEN」に掛け換えてくれたので、カップルに続いて店に入ると・・・なんと!σ(^_^)の「指定席」には先客のオバチャンが座っているじゃないですか! アンタ、いつ来たんや? というか、マスターも5分以上もフライングで客を入れたらアカンと思う。
前にもフライングで入ろうとして階段を上がっていった客を見たことがありますが、あの頃は観葉植物が置いてあって入れなかったんですよ。その後、経費節約なのか、観葉植物は無くなったので、鍵がかかっていなければ入れるようになった訳ですが、「CLOSED」という札が階段に置いてあるのに上がっていくというのは図々しいオバチャンですね。(-_-)