MAROONのなんでも diary

MAROONの身の回りの諸々を雑多に書き連ねている日記です。(はてな日記からの移行です)

映画芸術が2022年ベスト&ワースト10発表、ベスト1は「ケイコ 目を澄ませて」(映画ナタリー編集部)

https://natalie.mu/eiga/news/510369

季刊誌・映画芸術が「2022年日本映画ベストテン&ワーストテン」を発表。ベストテン1位には三宅唱が監督、岸井ゆきのが主演を務めた「ケイコ 目を澄ませて」が選出された。

うーん、基準が分からないので、何とも言えないのですが、

  • ベストテン
    • 1位「ケイコ 目を澄ませて」(監督:三宅唱
    • 2位「夜明けまでバス停で」(監督:高橋伴明
    • 3位「天上の花」(監督:片嶋一貴
    • 4位「冬薔薇」(監督:阪本順治
    • 5位「夕方のおともだち」(監督:廣木隆一
    • 6位「こちらあみ子」(監督:森井勇佑)
    • 7位「マイスモールランド」(監督:川和田恵真)
    • 8位「愛なのに」(監督:城定秀夫)
    • 9位「麻希のいる世界」(監督:塩田明彦
    • 10位「よだかの片想い」(監督:安川有果)

ベストテンはなかなか「いい線」をいっていると思います。(σ(^_^)が見ていないのは10本中8本)
しかし、謎なのがワーストテンで、単に点数が低かったということで選んだのではなく、「これはダメ」という積極的な否定意見が多いものを選んだんですよね? でないと「ワースト」とは言えないと思うので。
だとすると、この10作品にそんなに悪い点があったのかな?と思うんですよ。

※「東京2020オリンピック SIDE:B」と「百花」は同率9位
不思議なのは「ケイコ 目を澄ませて」はベストテン第1位でありながら、ワーストテンの8位にも入っているという点ですかね。人によって、評価が大きく別れる作品なんでしょうか?(謎)
σ(^_^)から見たら「ある男」や「死刑にいたる病」はなかなか見ごたえのある作品だったと思うので、ワーストテンに入っているのが不思議に思えます。
記事には詳しい点数や評価は掲載されておらず、「選者や点数などの詳細は1月30日発売の映画芸術482号に掲載される」そうなので、知りたい人はこの雑誌を買え、ということですかね。(^_^;)
【余談】ワーストテンで見ていないのは「ラーゲリ~」と「百花」の2本です。

ガーシー議員に「招状」出される 74年ぶり 7日以内に出席しなければ懲罰委員会に(TBS NEWS DIG)

https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/301442

懲罰を科される可能性が高まっています。NHK党のガーシー参院議員に対し、国会に出席するよう求める「招状」が出されました。

現在の国会制度の元で二度目だそうで、74年ぶりだとか。というか、そんな制度があるなんて初めて知りましたよ。
NHK党の浜田参院議員は
懲罰委員会で何らかの処分が下されるというのは、ある程度想定の範囲内
とコメントしていますが、最悪は除名という処分もあり得る訳で、暢気に構えている場合ではないと思う。
【関連報道】

スポーツ紙の記事ですが、国会で3分2以上の同意があれば除名も可能なので、真剣に考えるべきです。
当選してから一度も登院していないというのは国民に対する重大な裏切りだと思う。

1月放送開始のドラマ

何本か始まり、σ(^_^)も何本か見始めましたが、その中でも日本テレビ系の「ブラッシュアップライフ」が群を抜いて面白いですね。バカリズムの脚本の妙でしょう。伏線の張り方もうまいし、後から「第1話のあれはここにつながるのか!」みたいな感じです。また、33歳で死んで、元の人生の知識を持ったままで、ゼロから新たに人生をやり直すという設定がいいですね。前の人生の知識を持っていてもなかなかうまくいかないものだということですね。それにしても人生に「死に時」があるというのは笑いました。頑張っても30代で死ぬ確率が最も高いって・・・。
あとは、「忍者に結婚は難しい」ですかね。リアリティはないですが、コメディとしては面白いですね。もっとも、ツッコミどころは多すぎて困るぐらいではありますが・・・。(^_^;)
ちょっとイマイチ感なのが「大病院占拠」でしょうか。期待していたんですが、ちょっとアレな感じです。
「警視庁アウトサイダー」は血を見たら倒れる刑事って、その時点で無理じゃないですか。これはちょっと設定に無理があり過ぎますよね。
とりあえず「ブラッシュ~」と「忍者~」に期待しています。(^_^)

昼食 12:20




今日は冷凍生活!
スーパーで買っておいたヤマハニチロの「WILDish」シリーズから牛ステーキピラフ(240g/502kcal)、「おいもを味わうポテトサラダ」(47g/kcal)、おかめ納豆(62kcal)、しょうが紅茶(9kcal)です。
「WILDish」シリーズはレンチンした後、袋をカットすると、その半分を器代わりにして食べることができます。食器も不要だし、食べた後も「袋」を捨てるだけなので、手間がかからず、ゴミも最低限で済みます。
なお、今日の「牛ステーキピラフ」は味もよいので、これはありがたいですね。(^_^)