MAROONのなんでも diary

MAROONの身の回りの諸々を雑多に書き連ねている日記です。(はてな日記からの移行です)

アップリンクからの帰路

烏丸姉小路にあるアップリンク京都からの帰路は普通なら烏丸通をまっすぐ南に歩いて阪急烏丸駅に出るのが普通です。
σ(^_^)もそのコースを取ることが多かったのですが、烏丸通を歩いていると、交差点ごとに信号があり、結構な頻度でこれに捕まります。交差する道路は大抵は一方通行なので、車の切れ目を見て渡ることは可能ですが、やはり信号無視はストレスになります。
なので、最近は新風館の東側にある東洞院通を歩くようにしています。ここは信号が無いので、車が来ていなければいつでも進めます。で、四条通の手前の道で右に折れ、烏丸通に戻り、阪急烏丸駅に降りる階段を下れば楽に着きます。(^_^)

『最強殺し屋伝説国岡 完全版』 18:20

f:id:MAROON:20211024202022j:plain
アップリンク京都に戻り、シアター1にて。

2021年「最強殺し屋伝説国岡 完全版」製作委員会作品。
阪元裕吾監督作品。
「ベイビーわるきゅーれ」のシナリオ作りに励んでいた阪本監督は、殺し屋ビジネスネットワークの存在を知り、その紹介で京都最強と呼ばれるフリー契約の殺し屋・国岡昌幸の密着取材を行う、という「てい」で製作された作品です。(^_^)
うーん、結局、個々のアクションは見応えがあったんですが、「取材」という「てい」で撮影しているというのには無理があるので、普通に殺し屋の日常を描いたフィクションとしても良かったんじゃないですかね。
「国岡」役は伊能昌幸という俳優さんなんだし・・・。(^_^)

夕食 17:10

f:id:MAROON:20211024174538j:plain
アップリンクがある新風館の向かいにあるマクドでクーポンを使って、ごはんバーガー 海老旨辛仕立てのバリューセットです。(740円→690円/860kcal)
ごはんバーガーは初めてですが、ドリンクは何にしようかと考えてメニューを見ましたが、コーヒーやコーラもあれかなと思って、ウーロン茶にしようかな?と思ったのですが、マクドにはウーロン茶って無いんですね。仕方がないので、爽健美茶にしました。

『ザ・ハーダー・ゼイ・フォール 報復の荒野』 14:30

f:id:MAROON:20211024173816j:plain
アップリンク京都 シアターにて。
本作は2021年11月3日から Netflix で配信されるとのことで、全興連の通達によってメジャーな劇場では上映されず、単館系などの一部劇場のみで上映されるようです。

2021年アメリカ映画。
原題:The Harder They Fall
監督:ジェームズ・サミュエル
出演:ジョナサン・メジャース(ナット・ラヴ)、イドリス・エルバ(ルーファス・バック)、レジーナ・キング(トルーディス・スミス)、ザジー・ビーツ、デルロイ・リンドー、他。
端的に言うと、両親を目の前で射殺された少年が大人になって復讐する西部劇、ということになります。
もっとも、「少年」も育つにつれて
縄張りを荒らす者には情け容赦なく銃を抜く荒くれ者になっていたので、善対悪の対決という単純な構図でないところが面白いですね。
また、ラストには衝撃の事実が明かされます。(^_^)
【追記】それよりも「普通」でないのは、主要な登場人物がすべて黒人で、舞台となる町にも黒人しか住んでいませんよ。時代的にはあり得ないと思いますが、この意図はなんなんですかね?
ちなみに、「白人の町」というのも少しだけ出てきますが、そこは建物の外観も内壁も真っ白で、地面までもが雪が降ったかのように白いという不思議な町でした。
【余談】σ(^_^)が顔と名前が一致する役者さんはデルロイ・リンドーぐらいでしたが、彼は字幕では保安官かシェリフと呼ばれていましたが、バッジには「DEPUTY」と書いてあったので、保安官補のはずなんですけどね。

昼食 14:00

f:id:MAROON:20211024173156j:plain
『DUNE』が長かったので、MOVIX京都の隣にあるドトールで、ちょっと遅めの昼食です。
ジャーマンドッグとブレンドコーヒーSを頼みました。(448円/kcal)
ところが、コーヒーメーカーがトラブル(?)らしく、「お席でしばらくお待ちください」と言われましたよ。トラブルに見舞われるのは、なぜか急いでいる時に限るんですよね。(謎)

『DUNE デューン 砂の惑星』<DolbyCinema> 11:10

f:id:MAROON:20211024142924j:plain
MOVIX京都 Dolby Cinema(旧シアター10)にて。
ブルク7では Dolby Cinema に改装してもシアター1という呼称はそのままですが、ここは劇場名自体が「Dolby Cinema」という名前になっています。ちょっと分かりにくい?

2020年アメリカ映画。
原題:Dune
監督:ドゥニ・ビルヌーブ
出演:ティモシー・シャラメ(ポール・アトレイデス)、レベッカ・ファーガソン(レディ・ジェシカ)、オスカー・アイザック(レト・アトレイデス公爵)、ジョシュ・ブローリン(ガーニイ・ハレック)、ステラン・スカルスガルド(ウラディミール・ハルコンネン男爵)、他。
デューンと呼ばれる砂漠の惑星アラキスを治めることになったアトレイデス公爵だったが、鉱山の採掘権を持つハルコンネン家と皇帝が結託した陰謀により殺害されてしまう。さらにアトレイデス公爵の妻ジェシカと息子ポールも命を狙われることなる。
過去にはデビッド・リンチ監督の手で映画化されたものの興行的には失敗に終わり、その後、テレビ版もあったようですが、この長大作をどう処理するのか?が見ものだったんですが・・・。
いきなりオープニングで「DUNE PART ONE」って出ましたよ。確かに騒乱が始まったばかりでしたね。さぁ、これからどうなる?というところで終わっちゃいました。
【追記】この手の作品では登場人物が多い割にはあまり知らない役者さんが出ていて、みんな同じような格好をしていたりするので、誰がどんな立ち位置の人物なのか、分からないことがよくあって、一層話が分かりにくくなるのですが、本作は割と分かりやすかった方ですかね。もっとも、帝国関係者はよく分かりませんが・・・。
【追記2】シャーロット・ランプリングって出てたっけ?と思ってエンドロールを確認したらやはり「教母」役でしたね。ベールを被っていて、ほとんど顔が写ってませんでしたよ。
【追記3】いやー、やはり Dolby Cinema の映像美と音響は凄いですね。特に黒の美しさが素晴らしいです。これがプラス500円なら払う価値がありますよ。(^_^)
【追記4】エンドロールの後に PART TWO の予告編でも流れるのかな?と思っていましたが、そういうのは一切ありませんでした。まだ、できていないのかな?(謎)

朝食 8:30

f:id:MAROON:20211024090917j:plain
f:id:MAROON:20211024090920j:plain
今朝もいつものグッドサイフォンカフェで、タマゴトーストとホットコーヒーのBセット(サラダ、ゆで玉子、ヨーグルト)です。
(700円→660円=ドリンクチケット使用)
今朝も少し早く着いたら、すでに「OPEN」になっていたので、階段を上がって店に入り、「もういいのかな?」と声をかけると「どうぞ」と言われたので、そのまま入りましたが、よく分からん運用だな。