MAROONのなんでも diary

MAROONの身の回りの諸々を雑多に書き連ねている日記です。(はてな日記からの移行です)

『エッシャー 視覚の魔術師』 9:45

シネ・リーブル梅田 シネマ4にて。
2018年オランダ映画
ロビン・ルッツ監督作品。
だまし絵(いわゆるトリックアート)で、世界的に有名なオランダ人版画家・画家のマウリッツ・コルネリス・エッシャーを扱ったドキュメンタリー作品です。

朝食 7:30

f:id:MAROON:20200125075618j:plain
f:id:MAROON:20200125075621j:plain
今朝もいつものグッドサイフォンカフェで、チーズトーストとホットコーヒーのBセット(サラダ、ゆで玉子、ヨーグルト)です。
(700円→660円=ドリンクチケット使用)
9月末に買いためておいたドリンクチケットが早くも無くなったので、新たに買い直しましたが、3800→4100円と1杯あたり30円の値上げで、ドリンクの値上げ分(20円)よりも高いので、ドリンクチケットのメリットが減りましたよ。
それにしても、こんなに早く使い切るとは・・・。春まではもつと思っていましたが・・・。(^_^;)

『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』 20:25

シネマート心斎橋 スクリーン2にて。
2019年中国映画。
英題:The Knight of Shadows:Between Yin and Yang
監督:ヴァッシュ・ヤン
出演:ジャッキー・チェン(プウ・スンリン=小説家)、イーサン・ルァン(チュイシャ=謎の男)、エレイン・チョン(シャオチン=女妖怪)、チョン・チューシー、リン・ボーホン、リン・ポン、他。
うーん、いくら蒲松齢(『聊斎志異』の原作者)をモデルにした小説家を主人公にしても、ジャッキー映画(=アクションコメディ)ですね。(^_^;)
【余談】字幕派のσ(^_^)としては字幕版でジャッキーの声を聞きたかったのですが、昨日で終わっちゃいました。残念です。
しかし、考えてみると「中国映画」を名乗るということは北京語版? ジャッキーは大丈夫でしたっけ? もしダメだとしたら、字幕版なのに「吹替」という笑えないことになります。梅田で吹替版しか上映が無いのはそのためですかね?(謎)
【余談の追記】上映されたのはクレジットが全て英語でした。これってインターナショナル版?
【余談2】いくら東アジア映画のメッカ、シネマートとはいえ、ジャッキーのアクション映画は客層が違うのか、ガラガラでした。(-_-)

メルカリ、スマホ決済のオリガミ買収 加盟店開拓を強化(朝日新聞デジタル)

  https://digital.asahi.com/articles/ASN1R7G4XN1RULFA028.html

フリマアプリで知られるメルカリは23日、スマホ決済のオリガミ(東京都港区)を買収すると発表した。自社のスマホ決済「メルペイ」に、この分野の草分けであるオリガミのサービスを統合し、加盟店開拓を強化する。
上場していないオリガミの全株式を、子会社を通じて買う。2月25日を予定しており、買収額は公開していない。決済サービスの統合は、利用者や加盟店への周知を経て進めるという。

非上場会社の株式購入ってどうなんですかね? 株価の算定などめんどくさそうですが・・・。
ところで、オリガミってそんなに普及しているんですかね? 元々「~~Pay」なるものを使っていないσ(^_^)なのでそんなに注意していませんが、店頭でオリガミ利用可の表示ってあまり見たことが無いんですが・・・。
(σ(^_^)が行く店ではほぼ見たことが無いんですよ・・・(謎))
【追記】ちなみに Origami Pay は「Pay」関係の中での占有率は第5位だそうです。

お前はもう死んでいる? オリオン座ベテルギウス爆発か(朝日新聞デジタル)

  https://digital.asahi.com/articles/ASN1P53PPMDRULBJ00C.html

冬を代表する星座オリオン座の左上の赤い星、ベテルギウスが昨年末から急に暗くなり、これまでの半分以下の明るさになった。爆発するのではないかと話題になっている。
ベテルギウスは800万歳で、太陽の46億歳に比べてはるかに若い。だが重さは太陽の10倍以上あり、「太く短く」生きる運命にある。すでに中心の水素燃料をほぼ使い果たし、膨らんでしまった赤色超巨星だ。半径は太陽から木星までの距離とほぼ同じ。形もややいびつで表面は不均一に脈打ち、いずれ超新星爆発を起こす。

タイトルの意味はこの星までの距離が700光年もあるので、今見ているのは700年前の姿なので、現時点ではすでに爆発していて「もう死んでいる」かもしれない、ということのようです。そういわれても確認するには700年待たないといけない訳ですが・・・。
まあ、今見ている星なんて、ものによっては何万光年も離れているので、今見ているのははるかに大昔の姿に過ぎない訳で、いまさらですか?という感じです。