MAROONのなんでも diary

MAROONの身の回りの諸々を雑多に書き連ねている日記です。(はてな日記からの移行です)

『命みじかし、恋せよ乙女』 17:00

再びイオンシネマ茨木に戻って、シアター2にて。
2018年ドイツ映画。
原題:KIRSCHBLÜTEN & DÄMONEN
監督:ドーリス・デリエ
出演:ゴロ・オイラー(カール)、入月絢(ユウ)、ハンネローレ・エルスナー(トゥルディ)、エルマー・ウェッパー(ルディ)、樹木希林(ユウの祖母)、他。
人生を見失った男が、日本人女性との出会いを機に、再び人生を取り戻していく姿を描いた作品。
先頃亡くなった樹木希林さんの遺作だそうです。
なお、ストーリーは重苦しいので、できれば回避しようかと思っていましたが、風景などの映像は美しいし、樹木希林さんの遺作という点を評価するのなら見てよかったかな。
【追記】まあ、一言で言えばドイツを舞台にした『怪談』の世界です。←違う?(^_^;)
【余談】オープニングタイトルとエンドロールの背景が日本の妖怪を描いた絵になっていました。
【余談2】出演者の表記で、入月絢さんが Aya Irizuki と名→姓だったのに、樹木希林さんは Kiki Kirin と姓→名の順だったのはなぜだろう?