MAROONのなんでも diary

MAROONの身の回りの諸々を雑多に書き連ねている日記です。(はてな日記からの移行です)

Book

読了「カットバック」今野敏(毎日新聞連載)

毎日新聞に2017年1月から10月まで連載された作品です。 今野敏さんの『警視庁FC』の第2弾で、警視庁の地域課に映画撮影の際に便宜を図るFC(フィルムコミッション)が設置されたら、というお話です。決してフットボールクラブの略ではありません。 本作…

読了「我らが少女A」高村薫(毎日新聞連載)

毎日新聞に2017年8月1日から翌2018年の7月31日まで1年間にわたって連載された作品です。池袋で殴打され殺害された事件を発端に被害者に関係のあると思しき12年前の殺人事件が再捜査されることになった。被害者家族、容疑者、周辺人物、当時の捜査関係者、な…

読了「スミレの香り」馳星周(毎日新聞連載)

毎日新聞に2019年5月から293回に渡って連載されていた小説です。 主人公は元警視庁の鑑識に勤務していたが、退職してジャーマンシェパードと共にお手製のキャンピングカーで各地を放浪し、犬の躾教室を開くことで生計を立てていた。 そんな時、疎遠だった妹…

読了「スター」朝井リョウ(朝日新聞)

朝日新聞の金曜夕刊に2019年4月から2020年5月まで連載された小説です。学生時代に一緒に監督した映画が賞を取った二人のその後を描いた作品。 一人は映画製作会社に入り、あこがれの監督の組で下積みから始めていた。もう一人は映像関係から離れ、故郷の島に…

読了「九十九本の妖刀」大河内常平(戎光洋出版 ミステリ珍本全集 07 より)

九十九本の妖刀 (ミステリ珍本全集07)作者:大河内常平発売日: 2015/03/25メディア: 単行本以前買って、置いてあったのを引っ張り出してきて読みました。ただし、読んだのは映画『九十九本目の生娘』の原作である「九十九本の妖刀」だけで、一緒に収録されて…

読了「プリンセス刑事 生前退位と姫の恋」喜多喜久(文春文庫)

プリンセス刑事 生前退位と姫の恋 (文春文庫)作者:喜久, 喜多発売日: 2019/10/09メディア: 文庫以前読んだ「プリンセス刑事」の続編です。 この作品の舞台となった架空の日本では代々「女王」が統治し、王位継承も女子に限られ、男子には継承権はありません。…

読了「鉄警ガール」豊田巧(角川文庫)

鉄警ガール (角川文庫)作者:豊田 巧発売日: 2019/03/23メディア: 文庫アマゾンのサイトを見ていた時に偶然目に止まって買いました。 新人警察官の北見未来は刑事志望だったが、配属されたのは鉄道警察隊・新宿分駐所だった。 配属からの日々を描いていて、ク…

読了『美食探偵』東村アキ子(集英社マーガレットコミックス)

第1巻のみ無料公開されていたのを Kindle で読みました、(^_^)美食探偵 明智五郎【期間限定無料】 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)作者:東村アキコ発売日: 2020/04/17メディア: Kindle版テレビドラマはほぼ原作通りの内容でした。とはいえ、絵柄は好きじ…

「美食探偵 明智五郎 1」東村アキコ(マーガレットコミックス)

美食探偵 明智五郎 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)作者:東村アキコ発売日: 2016/05/25メディア: Kindle版4月から始まったドラマの原作です。第1巻に限り5月1日までは無料で閲覧できるそうなので、ポチッと行きました。 しかし、この絵柄は好みじゃな…

東野圭吾さん、初の電子書籍化 コロナ禍で書店休業受け(朝日新聞デジタル)

https://digital.asahi.com/articles/ASN4J5RSHN4JUCVL00F.html 新型コロナウイルスによる外出自粛の影響で書店の休業が増えるなか、講談社など出版7社は東野圭吾さんの小説を初めて電子書籍化すると発表した。7作品を24日から販売する。 記事を見てもど…

読了「アイネクライネナハトムジーク」伊坂幸太郎(幻冬舎文庫)

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)作者:伊坂 幸太郎出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2017/08/04メディア: 文庫本書の映画化作品が公開されたころに買いましたが、第1話を読み終わったところで、放置していました(^_^;)。 東京出張の際にほぼ読み終…

「死亡フラグが立ちました!」七尾与史(宝島社文庫)

死亡フラグが立ちました! (宝島社文庫) (宝島社文庫 C な 5-1)作者:七尾 与史出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2010/07/06メディア: 文庫10月から深夜枠でドラマ化されて放送されていた(完結)ので、読んでみました。解説にも書いてあったように「ピタゴラス…

読了「ひこばえ」重松清(朝日新聞)

朝日新聞の朝刊に1年半にわたり連載された作品です。ちまちま読むのもあれなので、コピペしたのを集めて、一気に読みました。 大手企業から出向して有料老人ホームの施設長をしている主人公のもとに母と離婚後長らく音信不通だった父が亡くなったと連絡が入…

読了「農ガール、農ライフ」垣谷美雨(祥伝社文庫)

農ガール、農ライフ作者: 垣谷美雨出版社/メーカー: 祥伝社発売日: 2018/10/19メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る派遣先から雇い止めになり、6年間同棲していた相手が他の女と結婚すると言い出したため、仕事と住まいを同時に失なう羽目に。 一…

読了「バッドカンパニー」深町秋生(集英社文庫)

バッドカンパニー (集英社文庫)作者: 深町秋生出版社/メーカー: 集英社発売日: 2016/01/20メディア: 文庫この商品を含むブログ (7件) を見る人材派遣業の看板を掲げながらも、裏では非合法な活動を行っているNASヒューマンサービスの曰く付きの社員たちの…

読了「しごと連作」津村記久子(日経新聞連載)

2014年から2015年にかけて日本経済新聞に連載されたものをテキスト化して保存しておいたものを読み直しました。 燃え尽き症候群で退職した後、失業保険が切れたので、ハローワークの担当者と面談しながら色々な仕事に就いてみて、社会復帰を目指す女性のお話…

読了「人質カノン」宮部みゆき(文春文庫)

表題作をはじめとした短編7作品が収録されています。 最初の表題作はコンビニ強盗を扱った作品で、殺人もあったりするのですが、他の作品は身の回りのちょっとした謎、みたいな話が多くて、殺人のような殺伐とした事件が起こるのは表題作だけでした。 強い…

読了「かがやき荘西荻探偵局」東川篤哉(新潮文庫)

「謎解きはディナーの後で」の東川篤哉によるコメディミステリーです。 大富豪が所有する別宅を使ったシェアハウスに暮らす三人のアラサー女たちによる素人探偵が活躍(?)する4本からなる連作ミステリー。 趣味が高じて勤め先を辞めざるを得なくなり、ア…

読了「これは経費で落ちません!5」青木祐子(集英社オレンジ文庫)

シリーズ5巻目にして、初のスピンオフ作品集です。本来の主人公・森若沙名子を取り巻く面々の視点で描かれた短編が収録されていますが、これまで本編ではほとんど語られることの無かったキャラクターのエピソードが読めたのはよかったです。 なお、サブタイ…

読了「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」志駕晃(宝島社文庫)

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)作者: 志駕晃出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2018/11/06メディア: 文庫この商品を含むブログを見る田中圭、北川景子主演で映画化された「スマホを落しただけなのに」の第…

読了「異世界でカフェを開店しました。7」甘沢林檎(レジーナ文庫)

趣向を変えて、軽くラノベです。 ずるずると(*_*)☆\バキッ 出る度に読み続け、もう7巻目になりました。(^_^)

読了「それは経費で落ちません!4」青木祐子(集英社オレンジ文庫)

これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~ 4 (集英社オレンジ文庫)作者: 青木祐子,uki出版社/メーカー: 集英社発売日: 2018/06/21メディア: 文庫この商品を含むブログ (2件) を見るサブタイトルに「経理部の森若さん」と付くように老舗の石鹸会社の経理部…

読了「プリンセス刑事」喜多喜久(文春文庫)

プリンセス刑事 (文春文庫)作者:喜久, 喜多発売日: 2018/10/06メディア: 文庫著者は「リケジョ探偵」や「化学探偵」などのシリーズを書いています。「プリンセス刑事」もシリーズ化されるのかな? この物語の架空の日本は王室の女王が2000年以上に渡って統治…

読了「このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉」魔夜峰央(Konomanga ga Sugoi!COMICS)

このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉 (Konomanga ga Sugoi!COMICS)作者: 魔夜峰央出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2015/12/24メディア: 単行本この商品を含むブログ (23件) を見る映画『翔んで埼玉』の原作を見てみようということでAmazonで買いました。 …

幻の「火の鳥」小説化 手塚治虫の構想、桜庭一樹さん執筆(朝日新聞デジタル)

https://digital.asahi.com/articles/DA3S13862142.html 漫画家の手塚治虫(1928〜89)が残した「火の鳥」の続編の構想原稿を元に、直木賞作家の桜庭一樹さんが「小説 火の鳥 大地編」を書くことになった。日中戦争期の大陸を舞台に歴史とSFが盛り込…

読了「磯野家の危機」東京サザエさん学会(宝島社)

磯野家の危機作者: 東京サザエさん学会出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2018/05/18メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見るかつて「磯野家の謎」という本を出して、「サザエさん」本ブームをもたらした東京サザエさん学会が満を持して(?)刊行…

読了「警視庁公安部・青山望 爆裂通貨」濱嘉之(文春文庫)

警視庁公安部・青山望 爆裂通貨 (文春文庫 は 41-11 警視庁公安部・青山望)作者:濱 嘉之発売日: 2018/04/10メディア: 文庫公安の捜査官が主人公の作品です。奇妙な窃盗事件と同時に起こった被害者不詳の殺人事件を巡るお話ですが、登場人物会話が全体の半分…

読了「理想的な戦争―対テロ特別班」柘植久慶(ハルキ・ノベルス)

理想的な戦争―対テロ特別班 (ハルキ・ノベルス)作者: 柘植久慶出版社/メーカー: 角川春樹事務所発売日: 2007/08メディア: 単行本この商品を含むブログを見るアフリカ某国で反政府主義者の過激派にアメリカ大使館員と日本大使館員、さらにはその家族までが拘…

読了「売国の報酬―対テロ特別班」柘植久慶(ハルキ・ノベルス)

売国の報酬―対テロ特別班 (ハルキ・ノベルス)作者: 柘植久慶出版社/メーカー: 角川春樹事務所発売日: 2007/02メディア: 新書 クリック: 2回この商品を含むブログ (1件) を見る表題にもなっているアメリカCIAの「対テロ特別班」シリーズの第3作です。 今…

予約資料引き取り

市立図書館で予約した資料(本のことをこう呼ぶ)の引き取り(借り出しのこと)期限が明日になり、行く日が無いなぁと思っていましたが、夕方になって雨が小止みになってきたので、市バスを市役所前で降り、中央図書館へ。予約した本を借りる手続きをして、…